暁星会について

暁星会の方針や組織についてご紹介します。

暁星会の基本方針

  1. 就労:利用者の個性に合わせ、協力して作業を行うことによって 生産の喜びを知り、作業意欲が湧く支援をする。生活:利用者の体力と機能を高める運動を重視し、嗜好を取り入れバランスの摂れた食事で健康的な生活を目指す
  2. 音楽、演劇などの文化活動に触れ、個々の特性を伸ばしてゆく支援を目指す。
  3. 地域活動に積極的に参加させ、社会性を育ませる。
  4. 児童に生活のしつけと社会ルールを学ばせ、将来の職業を意識させて指導する。
  5. 大声をあげない、怒鳴ったりしないおだやかな会話で、目配り、 気配りを大切にした家庭的な雰囲気をつくる。
  6. バリアフリーな建物、花や緑、そして絵画などがあふれた落ち着 きのあるプライバシーが守られた施設環境づくりを目指す。
  7. 園内外での研修に積極的に参加し、職員のスキルアップを目指す 。そして、利用者の家族と職員と経営者は連絡を密にし、職員会議 で情報の共有化を計り利用者のよきパートナーを目指す。

法人概要

名称 社会福祉法人暁星会
住所 〒891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町野間6584-1
TEL 0997-27-0377
FAX 0997-24-2211
E-mail honbu@gyoseikai.or.jp
設立日 平成18年2月24日
職員数 122名
役員構成

理事・評議委員

理事

橋口 勝(理事長)

山本 譲司

岩坪 博秀
酒井 房幸
笹川 五男
木原 裕子

評議委員

立石 誠二
下川原 清子
下田 敬三
里 重浩

半渡 信夫
森山 辰郎
種子島 秀洲

村尾 祥子

監事

西田 光義
鮫島 博人

 

 

法人沿革

平成18年2月 社会福祉法人 暁星会 設立
平成18年4月 社会福祉法人 暁星会 あかつき園 開園
平成19年4月 グループホームヴィラ星原 開設
平成20年3月

あかつき工房作業場 建設

就労B型事業所 龍星館 会館

平成21年4月 

あかつき園、児童デイサービス 楷書

ケアホーム星原、グループホームヴィラ星原開設

相談支援事業所(あかつき園内) 開設

すまいるキッズ(あかつき園内) 設立

平成22年2月 アトリエ ハッピースマイル 新設
平成22年3月 就労B型事業所 ひだまり工房 開店
平成22年4月 鹿児島県障害児療育支援事業 開始
平成22年5月 すまいるキッズ(西之表)移転
平成23年4月 グループホームヴィラ上方Ⅱ番館 開設
平成24年4月

「児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業 すまいるキッス゛」に名称変更

「種子島地区障害者自立支援協議会」の運営開始

平成25年1月 グループホームヴィラ上方Ⅲ番館 開設
平成25年3月 あかつき園増築改修工事 完了
平成25年4月

自立支援センターあかつき・就労支援センターあかつき工房・児童発達支援事業・

放課後等デイサービスすまいるキッズ(増田中学校跡地)移転

平成26年10月 くまげ障害者就業・生活支援センター 開設
平成26年4月

児童発達支援センター (保育所等訪問支援・放課後等デイサービス事業)へ展開

平成27年4月 

ケアホーム坂元 開設

「相談支援センターあかつき」として自立支援センターへ移転

平成29年4月 グループホームヴィラ上方Ⅳ番館 開設
平成30年4月

相談支援センター 屋久島開設

くまげ障害者就業・生活支援センター・相談支援センターあかつき(中種子町役場前)移転

令和元年5月 住宅型有料老人ホーム 星原ホーム 開設
   

組織図

 

組織図PDFデータ(ダウンロード